開発者のための分かりやすいAPI

右のような、数行のコードを実装するだけでクレジットカードへの課金処理を行えます。 Rubyをはじめ様々なプログラミング言語向けのライブラリも用意しています。

APIはRESTfulに構成され、シンプルで、わかりやすく、使いやすい作りになっているので、 開発の足かせになることなく、素早い開発サイクルを実現できます。

$
curl "https://api.webpay.jp/v1/charges" \
-u "test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd": \
-d "amount=400" \
-d "currency=jpy" \
-d "card[number]=4242-4242-4242-4242" \
-d "card[exp_month]=11" \
-d "card[exp_year]=2014" \
-d "card[cvc]=123" \
-d "card[name]=KEI KUBO"
>>
require "webpay"
WebPay.api_key = "test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd"
WebPay::Charge.create(
   :amount=>400,
   :currency=>"jpy",
   :card=>
    {:number=>"4242-4242-4242-4242",
     :exp_month=>"11",
     :exp_year=>"2014",
     :cvc=>"123",
     :name=>"KEI KUBO"}
)
php >
require "vendor/autoload.php";
use WebPay\WebPay;
$webpay = new WebPay('test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd');
$webpay->charges->create(array(
   "amount"=>400,
   "currency"=>"jpy",
   "card"=>
    array("number"=>"4242-4242-4242-4242",
     "exp_month"=>11,
     "exp_year"=>2014,
     "cvc"=>123,
     "name"=>"KEI KUBO")
));
>
WebPayClient client = new WebPayClient("test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd");
CardRequest cardRequest = new CardRequest()
        .number("4242-4242-4242-4242")
        .expMonth(11)
        .expYear(2014)
        .cvc(123)
        .name("KEI KUBO");
ChargeRequest chargeRequest = new ChargeRequest()
        .amount(400)
        .currency("jpy")
        .card(cardRequest);
client.charges.create(chargeRequest);
>>>
import webpay
client = webpay.WebPay('test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd')
client.charges.create(
  amount=400,
  currency="jpy",
  card={
    "number": "4242-4242-4242-4242",
    "exp_month": "11",
    "exp_year": "2014",
    "cvc": "123",
    "name": "KEI KUBO"
  }
  )
>
var webpay = require('webpay');
webpay.apiKey = 'test_secret_eHn4TTgsGguBcW764a2KA8Yd';
webpay.client.charge.create({
  amount: 400,
  currency: "jpy",
  card: {
    number: "4242-4242-4242-4242",
    exp_month: "11",
    exp_year: "2014",
    cvc: "123",
    name: "KEI KUBO"
  }
}, function(err, res) { ... });
Visa Mastercard

3.25%

Jcb American_express Diners_club

3.40% + 10円

初期費用・月額費用 無料

シンプルな料金体系

WebPay の利用料金は、1回の取引金額に対して Visa, MasterCardのカードでは 3.25%、JCB, American Express, Diners Clubのカードでは 3.40% +10円 のみ です。 導入にかかる高額な初期費用、毎月支払う固定費や個別に問い合わせが必要な不透明な料金体系もありません。

今後ずっと、決済機能の導入のためのハードルを引き下げるために、WebPay は手数料の業界最安水準を目指し続けることをお約束します。

※ 2014年4月1日以降の決済に対する料金となっております。2014年3月以前の決済に関しましては従来の 3.4% + 30円が適用されます。

5大ブランドに対応

日本国内でほとんどのクレジットカードをカバーする、主要5大国際クレジットカードブランドに対応しています。 これらのブランドのカードは国によらず決済を行うことができます。

安心のセキュリティとトークン決済

利用者が安心して決済機能を実装出来るようにセキュリティ向上へ取り組んでいます。 クレジットカード情報漏洩防止の国際セキュリティ標準であるPCI DSSにも準拠しており、 WebPayに預けたクレジットカード番号はしっかりと守られています。

数行のHTMLを記述するだけで、 クレジットカードに関する入力情報のチェックと、 あなたがカードの情報を直接取り扱わないセキュアなトークン決済を利用できるフォームも提供しています。

すぐに試せる無料のテスト環境

登録するだけですぐに無料のテスト環境を利用することができます。 テスト環境は実際の決済が発生するかどうかを除いて、全て商用環境と同じため、 あなたのウェブサービスやECサイトの開発の手を止める必要はありません。

利用審査通過後は、APIキーを商用環境向けのものに差し替えるだけで、すぐに決済を始められますので、 リリースに向けて今から開発を始められます。