QRコード決済

主に特別なバーコードが表示され、そのバーコードを読み込んでお支払いします。更に銀行カード、プリペイド機能、銀行口座からの口座振替など、さまざまな支払い方法を使用して販売者に支払うことができます。

Pay pay

ソフトバンクとyahooが展開しているQRコード決済アプリです。QRコード決済アプリでは一番普及しているアプリでユニークユーザーが2000万人いるとの事。スーパーアプリを掲げているだけあって、スマホのアプリから送金ができたりします。また、今後は一つのアプリだけで投資ができたりするそうです。今後、更に期待ですね。

Line pay

Line Pay はLineが展開している決済アプリです。こちらはline Payからではなくlineのアプリから投資やFXをすることができます。これから、Yahooと一緒に開発していくそなので、今後に期待ですね。

NFC(非接触型IC決済)

NFCデバイスは、電子IDドキュメントおよびキーカードとして機能できます。それらは非接触型決済システムで使用され 、クレジットカードや電子チケットスマートカードなどのモバイル決済の交換または補完システムを可能にします。これは時々呼ばれるNFC / CTLSまたはCTLS NFCと、非接触略しCTLS。NFCを使用して、連絡先などの小さなファイルを共有したり、高速接続をブートストラップして、写真、ビデオ、その他のファイルなどの大きなメディアを共有したりできます。

Apple Pay

Apple PayはiPhone(モデルによって異なります)で使うことができます。さらに、Apple WatchやiPadなどのほとんどのAppleデバイスでアプリ内購入を行うこともできます。

Google Pay​

以前は「Android Pay」と呼ばれていたGoogleのモバイルウォレットであるGoogle Payは、Apple Payよりも少し遅れて登場しました。検索エンジンの大手が独自の電話による「Pixel」を提供していることを考えると、Google Payユーザーの数は着実に増加するでしょう。

スマホ決済(モバイルペーメント)とは

専門家による予測が真実なら、現金と硬貨で支払う日々はすぐに過去のものになるかもしれません。キャッシュレス社会は2022年に近い可能性があります。非接触型決済を受け入れる販売時点情報管理(POS)端末でスマートフォンを使って購入できる機能を提供するアプリを指します。その仕組みは、モバイルウォレットアプリが「近距離無線通信」(NFC)と呼ばれるテクノロジーを通じてPOS端末と通信することです。利用するにはクレジットーカード 、銀行口座を登録振る必要がございます。中ではコンビニで現金を入金してチャージすることもできるサービスもございます。