テスト環境で使用できるクレジットカードの情報

テスト環境で使用できるカードの情報

テスト環境では、本物のクレジットカードの代わりに模擬のクレジットカード情報を使って、WebPayの操作を試すことが出来ます。

カード番号

以下の表の番号を用いることが出来ます。これに加えて カードの番号として妥当(Luhnアルゴリズムでのチェックに通る番号)であるものも利用可能となっています。

商用環境では、これらの模擬のカード情報は利用出来ません。実在し、決済を行うことが出来るクレジットカードの情報が必要となります。 商用環境での動作確認の際には、ご自身のクレジットカード等でお試しの上、処理後に速やかに払戻し処理を行って下さい。 なお、テスト環境でも実在するクレジットカードの情報は利用可能となっており、保存上は商用環境と同様に扱われますが、出来る限り利用されないことを推奨致します。

クレジットカード番号 カードブランド
4242424242424242 Visa Visa
4012888888881881 Visa Visa
5555555555554444 Mastercard MasterCard
5105105105105100 Mastercard MasterCard
3530111333300000 Jcb JCB
3566002020360505 Jcb JCB
378282246310005 American_express American Express
371449635398431 American_express American Express
30569309025904 Diners_club Diners Club
38520000023237 Diners_club Diners Club

カード番号以外の情報

テスト用の模擬クレジットカード番号を使用する場合、番号以外の項目は任意の値を入れることができます。その際にそれぞれの値に適用される制限は以下の通りです。

項目 条件
名義 半角スペース、英字による任意の文字列(例: TARO YAMADA)
有効期限 現在時刻より未来となる年月
セキュリティーコード 任意の3桁か4桁の数字

テスト環境で意図してエラーを発生させられるカード情報

テスト環境では、有効期限切れや、カード会社に決済を拒否されたり、偶発的に接続へ失敗した場合などに発生するカードエラーを、意図的に発生させることができます。 カードエラーはカード情報のチェックと課金処理を2つのステップで発生することがあります。 どちらのステップでエラーを発生させるかに応じて、2種類の番号があります。

以下の番号ではカード情報のチェック時にエラーを発生させます。 カード情報のチェックは、トークンの作成時など、カード情報を送信した際に常に行われます。 チェックが失敗した場合、要求された操作は実行されません。

クレジットカード番号 card_errorのcode エラー内容
4000000000000002 card_declined カードが決済に失敗しました
4000000000000127 incorrect_cvc セキュリティーコードが間違っています
4000000000000150 incorrect_expiry 有効期限が間違っています
4000000000000119 processing_error 処理中にエラーが発生しました
4242424242424241
Luhnアルゴリズムでのチェックに通らない番号)
incorrect_number カードの番号が不正です

以下の番号を指定することで、課金する時にエラーが発生します。 課金処理は課金オブジェクトの作成か、定期課金の実行で行われます。 チェックは成功するので、これらのカード番号を持った顧客やトークンを作成でき、その顧客やトークンを指定して課金オブジェクトの作成を行うとエラーになります。 エラーが発生した場合は失敗を表わす課金オブジェクトが記録されます。

クレジットカード番号 card_errorのcode エラー内容
4000000000080202 card_declined カードが決済に失敗しました
4000000000080327 incorrect_cvc セキュリティーコードが間違っています
4000000000080350 incorrect_expiry 有効期限が間違っています
4000000000080319 processing_error 処理中にエラーが発生しました

有効期限のフォーマットが誤っている場合など、カード番号以外の部分でカードエラーが発生することがあります。 次のようにしてそれぞれのエラーを意図的に発生させ、テストできます。

エラー引き起こす方法 card_errorのcode エラー内容
card[name]に"山田" などA-Z,a-z,半角スペース以外の文字列を含んで指定する invalid_name カード名義のフォーマットが不正です
card[exp_month]に"13" など1-12の数字以外を指定する invalid_expiry_month カードの有効期限の月が不正です
card[exp_year]に"1986" など過去の年を指定する invalid_expiry_year カードの有効期限の年が不正です
card[cvc]に"86" など数字3,4桁以外を指定する invalid_cvc カードのセキュリティーコードが不正です
active_cardを持たないCustomer を用いてChargeを作成する missing 請求を行った顧客にカードが紐付いていません

テスト環境で意図してエラーを発生させられるID

「課金の作成」時に、以下の顧客IDを"customer"に、もしくはトークンIDを"card"に指定することで、エラーを発生させることができます。

顧客ID トークンID card_errorのcode エラー内容
cus_CardDeclined000 tok_CardDeclined000 card_declined カードが決済に失敗しました
cus_IncorrectCvc000 tok_IncorrectCvc000 incorrect_cvc セキュリティーコードが間違っています
cus_IncorrectExpiry tok_IncorrectExpiry incorrect_expiry 有効期限が間違っています
cus_ProcessingError tok_ProcessingError processing_error 処理中にエラーが発生しました